NEWS

2021 / 11 / 30  15:54

立憲民主党 新代表に泉健太氏

izumikenta.jpg

立憲民主党は30日、東京都内で臨時党大会を開催し、代表選挙を実施。決選投票のすえ、新代表に泉健太衆議院議員(47)が就任しました。

代表選挙には、逢坂誠二衆議院議員、小川淳也衆議院議員、泉健太衆議院議員、西村智奈美衆議院議員の4氏が立候補。全国の党員、協力党員、地方議員が29日までに郵便・インターネット投票で、国会議員と国政選挙公認候補予定者は臨時党大会での直接投票で新代表を選出する方式で、1回目の投票ではそれぞれの候補が過半数を獲得できず、上位2名となった逢坂衆議院議員、泉衆議院議員による決選投票に持ち込まれました。

決選投票は国会議員、国政選挙公認候補予定者、都道府県連代議員が投票。結果、泉衆議院議員が205ポイント、逢坂衆議院議員が128ポイントとなり、新代表は泉健太衆議院議員に決定しました。

代表選の行方を県連事務所で見守っていた小田村克彦県連代表はマスコミの取材に対して「一番若い候補が新代表に決まった。党へ新しい風を吹かせるとともに、しっかりと地方組織と連携し、国民、有権者が期待できる政党にしてもらいたい」とコメントしました。

2021 / 11 / 28  10:07

柳井市議選 平岡候補が出陣

柳井市議選 平岡候補が出陣

柳井市議選(定数16)が28日に告示され、立憲民主党推薦の平岡実千男候補(49)が立候補の届出を終え、選挙事務所前にて出陣式を行いました。

出陣式には、平岡候補の同級生や支援者、スタッフ、支援する連合山口、立憲山口県連関係者が出席しました。

出席者や来賓から激励を受けた平岡候補は「柳井の明日をつくりたいとの思いで今年2月の補選に出馬し、初当選させて頂いた。議員活動を通して、柳井の未来への思いはますます強くなった。そのためにも、この選挙戦を全力で戦い抜きたい」と第一声をあげ、遊説に出発しました。

柳井市議選の投開票日は12月5日。

2021 / 11 / 01  07:52

大内、坂本 議席獲得ならず

大内、坂本 議席獲得ならず

第49回衆議院議員選挙の開票が行われ、立憲民主党公認の大内一也(山口1区)、坂本ふみこ(山口3区)の議席獲得はなりませんでした。

1635688732552.jpg

大内氏は山口市内のホテルで小選挙区の敗戦が確実と伝わると、集まった支援者やスタッフらを前に「私の力不足で申し訳ない」と奥さんと共に深々と頭を下げました。今後については「全くの白紙」としながら、「これまで培った経験を、一緒に戦ってくれた仲間のために生かしていきたい」と話しました。

DSC00371 (1) .jpg

坂本氏は宇部市内選挙事務所で、「私の力不足で残念な結果となり、お詫び申し上げる」と敗戦の弁を語りました。それでも「たくさんの声援をいただいた。平和憲法を守る活動はこれからも続けていきたい」と力を込めました。

立憲民主党は比例代表の中国ブロックで2議席しか獲得することができず、大内、坂本氏の比例復活も叶いませんでした。

 

 

2021 / 10 / 30  20:08

大内、坂本候補がマイク収め 街頭での訴え終わる 

12日間、選挙区を駆け抜け、支援を訴えてきた衆議院議員選挙が本日午後8時に終了。立憲民主党公認、山口1区の大内一也候補、山口3区の坂本ふみこ候補はそれぞれ最後の訴えとなるマイク収めを選挙事務所前で行い、これまで支えてくれた支援者やスタッフに感謝の言葉を述べるとともに、投票箱のフタが閉まる瞬間まであきらめることなく全力で戦うことを誓いました。

明日の投票日、

山口1区【山口市(旧阿東町除く)、防府市、周南市(旧熊毛町除く)】の有権者の皆さんは「大内 一也

山口3区【宇部市、山陽小野田市、美祢市、萩市、山口市(旧阿東町)、阿武町】の有権者の皆さんは「坂本 ふみこ

に一票を託してください。

そして、全国の有権者の皆さん。特に中国5県(山口、広島、岡山、島根、鳥取)の皆さん。

比例代表では「立憲民主党」と党名をしっかりとお書きください。

保守王国で厳しい選挙区が多い中国5県ですが、1人でも多くの立憲議員を誕生させることで、政治を前に進めていきましょう。

皆さんの一票で政治を変えましょう、そしてみんなが支え合う日本にしていきましょう!

よろしくお願いします。

 

 

2021 / 10 / 25  08:20

山口市長選 伊藤和貴氏が初当選

山口市長選 伊藤和貴氏が初当選

24日に投開票となった山口市長選挙において、新人で立憲民主党などが推薦する伊藤和貴氏が初当選を決めました。

伊藤氏は選挙戦を通して「中核都市づくりの推進」「渡辺市政の継承」を訴えて回りました。

開票状況を見守る会場には、渡辺純忠市長も姿を見せ、当確の情報が入ると全員で万歳三唱を行い、勝利の喜びを分かち合いました。

初当選を決めた伊藤氏は「前市政を継承し、その総仕上げを行いたい。市民の皆さんの声を聞きながら新しい山口市を創っていきたい」と意欲を見せました。

1 2 3 4 5 6