NEWS

イージス・アショア配備計画のある萩市むつみ演習場を視察

 R0000794-1.png

 

3月7日に陸上配備型イージスシステム・ミサイル基地建設予定地とされている、萩市むつみ演習場の視察を行いました。

 

立憲民主党中国ブロック常任幹事の亀井亜紀子衆議院議員を始め、山口県連の関係者も同席しました。また、地元住民の立場から萩市民の方も同行しました。

 

演習場の自衛隊建物内で説明を受けた後、演習場内の最も標高の高い地点に移動し全体の説明を受けました。さらに、現時点で自衛隊側が予定している施設配置計画=火薬庫・(弾頭の)垂直発射装置・レーダー棟などのそれぞれの位置についても解説がありました。

 

参加者からは、周辺生活圏からの近さや電磁波の及ぼす影響、ブースターの落下についてやメインビームの照射角度の疑問など、多くの質問や疑問が出されました。

 

その後、配備計画のあるむつみ演習場周辺の地区の視察に移り、住民の声を直接聞く機会をもちました。近隣の農家の方は「基地建設で帯水層に影響がでることにより、水枯れや濁りが起こることによる農業への影響がでるのではないか」と切実な思いを語られました。また、宇月の名水が湧く池や無角和牛畜舎の視察の後、近隣集落の女性グループと懇談。計画が否応なく進められていることに対して、基地ができることで生活の安全・安心が脅かされることやこれまで移住者を受け入れてきた地域づくりへの影響があるのではないかと訴えました。

 

亀井亜紀子衆議院議員は「イージス・アショアはそもそも必要なのか、仮に必要だとしても何故、農業がしっかり行われているこの地域なのかという疑問がある。今後、イージス・アショアの候補地に挙がっている秋田とも連携していきたい」と話しました。

 

山口県連としても、今後、国会議員を通じて政府へ働きかけをするなど、連携しながら住民に寄り添った取り組みを行っていきます。

pdf イージス質問主意書.pdf (0.07MB)

pdf 答弁書.pdf (0.12MB)

 

福島第一原発視察を行いました。

40_detail.jpg

 

 

立憲民主党自治体議員ネットワークは、1月8日に東京電力福島第一原子力発電所の視察を行いました。

 

山口県連からは久冨海柳井市議会議員と松本武士平生町議会議員が参加。福島第一原発の廃炉作業の困難さや周辺の街並みを目の当たりにし、原発が事故を起こすということはどういうことか深く考えさせられました。上関原発の建設計画がある山口県の自治体議員として地域からのエネルギー政策の参考としてしていきます。

 

また視察後は福島原発視察報告会を開催。会場には多くの方が詰めかけ、原発の抱える問題についての関心の高さをうかがい知ることができました。

R0000735.jpg

ゲストに哲学者の小川仁志さんを迎え、身の回りの普段の生活から生まれる何気ない様々な疑問が政治と密接に関係していること。それらを解決するためにどうしたら一人ひとりが自ら考え、動いていくことができるか、参加された皆さんと一緒に考えました。

【桜を見る会の疑惑を追求する一斉行動を展開】

79256971_126444995504623_7190137224757772288_o.jpg

 

 

岩国市や山口市で街頭演説や「桜を見る会」の疑惑についての号外の配布を行いました。

 

安倍総理主催の「桜を見る会」に安倍事務所がおよそ850人もの地元の人を招待していたことは、公的行事を総理自らの後援会活動に利用していたと言わざるを得ません。 また、前夜祭においても事務所も後援会も領収書を発行しておらず、また明細書や見積書が何もないことなど信じることができません。国会審議における野党の追及に対して、安倍総理は明確な説明をせず、それどころか国会での追及から逃げようとする姿勢でした。

 

安倍総理には事実を明確に説明する責任があると考えます。

 

立憲民主党は安倍総理による公共の私物化を許さず、これからも総理自身による国会での説明を求めていきます。

 


立憲民主党号外 2020.1.26発行版

 isikawa.jpg

 

 

立憲民主党山口県連合2019年定期大会が121日に山口市菜香亭で開催されました。坂本史子県連代表があいさつをしたほか、来賓として伊藤正則連合山口会長、加藤寿彦国民民主党山口県連代表、佐々木明美社民党山口県連代表にご出席頂き、それぞれご挨拶を頂戴しました。

 

同大会では2020年の活動方針案や「桜を見る会」の特別決議案などが提案されすべて採択されました。また、大会の締めくくりとして、来るべき衆議院総選挙に向けて必勝を期すことを出席した党員・パートナーズの満場の拍手で確認し、大会を閉じました。

 

2部の記念講演では石川大我参議院議員から「人口の約8パーセントの方々がLGBTといわれている。多くのそういう方々が生きづらさを抱えながら生活している。現在、多くの自治体でパートナーシップ条例が制定されるようになってきており、そういう地域には一度はなじめず地域から出て行った若者も帰ってくるようになるのではないか。立憲民主党は多様性を尊重し、困ったときに寄り添い、お互いさまに助け合う社会を目指して取組みを進めていく」と力を込めて話しました。

 

 

 

1 2 3
トップへ戻る