NEWS

IMG_3484.JPG

皆さまへ

 

この度私たちは、新しい仲間とともに新立憲民主党として船出することになりました。

立憲民主党として、9月11日に開催された都道府県連代議員・総支部長会議、両議院総会おいて本日14日に解党することが承認され1ました。そして22グループが合流する新しい政党として明日15日に結党大会を行い、新立憲民主党が誕生する運びとなりました。

 

さて、201812月に結成された私たち立憲民主党山口県連合は、これまでのおよそ19か月の間、志を同じくする仲間とともに歩んできました。振り返ると2017年の衆議院解散時に「枝野たて」の市民からの熱い熱い激の中で誕生した立憲民主党。ここ山口でも多くの市民の声に押されて山口県連合が結成されました。この間、立憲カフェを県内各地で開催するなど、市民参加の特色ある立憲らしい集まりを持ちながら今日に至りました。

 

長いようで、あっという間に駆け抜けた19ヶ月でした。

党員のみなさん、パートナーズの皆さんから叱咤激励を受けながらここまでこれたのも、ひとえに皆様の支えがあってこそです。深く感謝をいたします。

 

そして、私たちの活動はこれからです。

仲間が多くなった新しい立憲民主党のもと、これまで以上に市民の皆さんの想いに応えていくことで、私たちの使命を果たしていかなければならないと感じています。

 

草の根からの民主主義、多様な生き方を認め合い、それを力にしていくこと、真っ当な政治を取り戻すこと、みなさんと一緒につかみとっていきたい。

 

そして、この新型コロナ感染症の下で悩んだり苦しんでいる人に寄り添い、また誰もが何度でもやり直すことのできるチャレンジできる社会をつくっていきたい。

 

これまでのご支援に重ねて感謝を申し上げるとともに、次なる歩みにもどうぞのお力をお貸しください。

 

以上、県連解散のご報告とご挨拶といたします。

 

本当にありがとうございました。

 

2020年9月14

立憲民主党山口県連合代表 坂本史子

 

 

【両院議員総会】合併により新党を結党するため、14日をもって解党することを承認

立憲民主党は11日、国会内で両院議員総会を開催し、8月24日に国民民主党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、無所属フォーラムの2党2グループでの合意に基づき、15日に合併により新党を結党するため、14日をもって解党することを承認しました。また、両院議員総会に先立ち都道府県連代議員・総支部長会議をオンラインで開催し同議案を承認しました。

 両院議員総会の冒頭、枝野幸男代表はあいさつし、新党の代表・党名選出選挙が円滑に行われたことに感謝の意を表しました。そして、結党からの3年を「(ゼロからスタートし)一人ひとりの力の積み重ねが今日までこの党を動かしてきた」と振り返り、15日に結党する新しい立憲民主党がそれぞれの持ち場で力を発揮できる政党を作っていくとの決意を語りました。

20200911_111818_01_rsz.JPG
1
トップへ戻る